入居者様・入居をご検討の方向け新着情報

カビ対策について
2019年6月14日
6月に入り雨が降る日が少しずつ増えてきましたね。
梅雨時期になると気になってくるのがお部屋のカビや湿気です。
 

浴室や洗面所、押し入れや下駄箱などに気付いたらカビが発生していたという経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
気温も湿度も上がってくるこの時期から夏にかけてはカビが発生しやすい最適な環境となります。

カビが発生する3大要因は、

①湿度・・・・・湿度70%以上で活発に繁殖します。
②温度・・・・・20~30℃がカビの好む温度です。
③栄養源・・・・食品、繊維、木材、ほこりなどあらゆるものが栄養源になります。

となっており、この3大要因を絶つことがカビの発生を抑える対策につながります。

簡単にできるカビ対策として以下のような方法があります。

◆毎日、窓を開けて空気を入れ替える・・・1日15分程度の換気でも効果があります

◆エアコンの除湿機能を使う ・・・除湿器を使用するのと同じ効果があります

◆お風呂から出た後はすぐに換気扇を回す・・・浴室に窓があれば開け、水蒸気を除去しましょう

◆お風呂を使用した後は壁や床に冷水でシャワーをかける・・・浴室の温度を下げましょう

◆排水口や三角コーナーはこまめに掃除をし、ゴミをためない・・・スプレー式漂白剤を使用してカビの繁殖を抑えましょう

◆天気が良い日は押入れやクローゼット、下駄箱の扉をあけ、換気を行う・・・収納する際には空気の通り道となるように少し隙間を開けて物を入れましょう

◆家具は壁から少し離して設置する・・・風通しが悪いと湿気がこもりやすくなります

◆ほこりが溜まらないうちにこまめに部屋の掃除をする・・・掃除機や取れにくいカーペットについた髪の毛やゴミは粘着ローラーを使用しましょう

◆布団や毛布、枕、カーペット、絨毯、ラグ等は定期的に天日干しする

普段からこのような少しの心がけでカビの原因と発生を抑えることが出来ます。

カビや湿気でお困りの方は一度試してみてはいかがでしょうか。