入居者様・入居をご検討の方向け新着情報

騒音について
2019年11月12日

最近「隣の部屋(上の階)の騒音で迷惑している」といった相談が増えています。
マンションやアパートは壁を1枚隔てて別の生活があります。
もちろん、共同住宅ではある程度の音は「生活音」として許容しなくてはなりません。
しかし、昼間は気にならない程度の音でも夜になると響くことがあります。
自分の出した音が思いもよらず周囲に迷惑をかけていることもあります。
特に、深夜(午後10時以降)や早朝(午前7時以前)の入浴や洗濯、掃除、テレビなどの音は周囲のお部屋の方には騒音になりますので、十分に注意しましょう。
 
<騒音を出さないために>

〇家具の配置を変える
テレビは壁から離して設置すると音が伝わりにくくなります。

〇音量を下げる
テレビ、ステレオはボリュームを下げたり、イヤホンで聴くようにしましょう。

〇開閉音に気を付ける
玄関ドアやクローゼットの扉などの開け閉めはそっと手を添えて静かにしましょう。

〇窓を閉める
窓を開けていると、その分、外を通じて隣に聞こえる音が大きくなります。

〇洗濯や掃除は控える
洗濯機や掃除機の使用は音だけでなく振動も響きます。使用する時間帯には注意しましょう。

〇カーペットを敷く
音の伝わりやすい床材にはカーペットを敷くなどして音が響かないようにしましょう。
少しの気遣いで良好な住環境を保つことができます。

皆様ひとりひとりが心がけて生活をしていただきますよう、お願いいたします。